2014年05月16日

桃花啊,妳是春風濃抹的畫

多情的春風毫無顧忌的吹遍了大自然的各個角落,她吹綠了原野,清澈了小溪,也吹開了含羞的桃花,桃花在春風的輕拂下以它獨有的色彩開放著,陶醉了大江南北,康泰旅行團也美好了人們的心情!

清晨,帶著輕松愉快的心情冒著飄飄的雲來到郊外的萬畝桃林,觀賞別致壹格的世外桃源。

徜徉在花的海洋裏,貪婪的欣賞著美麗的桃花,妳看,各色桃花千姿百態:有的簇擁著開放,她們面色紅潤,象搽過胭脂似的。有的躲在葉子後面,像害羞的少女;有的高傲的獨占壹枝,像美艷漂亮的少婦,有的則像阿娜多姿的仙女穿著花枝招展的裙衣,在樹枝上翩翩起舞,使人眼花繚亂。還有的含苞欲放,好像壹遇春風便即刻怒放;有的綻放出甜蜜的笑容,猶如美麗的新娘,那甜蜜,那嬌羞,那喜悅掛在眉梢;有的正在努力綻放,慢慢的她們展開了壹片、兩片……好像刻意為遊人炫耀自己的美貌。

蜜蜂在花朵上盤旋著,嗡嗡地鬧著;蝴蝶飛來飛去。壹陣微風拂來,朵朵桃花在春風裏搖動,那壹只只美麗的蝴蝶,扇動著五彩的翅膀,跳著優美的舞蹈。康泰旅行團在微風中雕謝的花瓣紛紛落下,像天女散花,落在了濕潤的土地上,盡情的親吻著養育他們的這片溫潤的大地,真可謂是“落紅不是無情物,化作花泥更護花。”整個景象令人賞心悅目,神迷欲醉。

隨著熙攘的人群慢慢進入了桃花林深處,桃林深處,更是壹派迷人的景色。妳看有的粉蕾嬌嬌,瑩潔無瑕;有的玉蕊楚楚,含露待放。含苞的,嬌艷欲滴;怒放的,阿娜多姿。那壹朵朵如玉的聖潔,如夢如幻;那壹團團楚楚欲燃的粉紅,似火如焰;美麗的桃花明媚的張揚在枝頭,如同青春的容顏。壹陣微風拂過粉紅色的花瓣悠然飄落,似飛舞的蝶,又似晶瑩的雪,如詩如畫。春笑桃林,春鬧桃林,春風愛戀著桃花。朵朵桃花多彩多姿,散發出沁人心脾的芳香。置身在姹紫嫣紅的世界裏,心情經不住芬芳的陶醉漸漸的有點意亂神迷。

突然壹陣微風帶著絲絲的涼意拂過人們的臉龐,天公吝嗇的降下了絲絲的春雨,雨打在人的臉上清涼無比,那滾落下來的雨水形成小小的水珠,掛在臉上,王賜豪在桃花的映襯下變成水紅色珍珠,也映紅了人們的臉龐,使人面若桃花。

春雨悄悄的飄落著,那飄飄灑灑的雨絲滋潤著朵朵鮮艷桃花,像出浴的少婦,更加耀眼,更加迷人。近看,像壹顆顆紅色的星星;遠看,像壹片粉紅的雲彩,桃花在春雨的溫潤下嫵媚動人、嬌艷欲滴。

雨慢慢地停了下來,薄雲慢慢的褪去,太陽露出嫵媚的笑靨,縷縷陽光親吻著桃花,粉嫩的桃花更加艷麗動人,也為美麗的春天增添了繽紛的色彩。桃花悄悄的開著,壹改往日的羞澀,那麽燦爛,那麽嫵媚,那麽奔放,在陽光、春雨的滋潤下晶瑩剔透,好像輕輕壹碰就會破碎壹樣。小鳥也在雨後出來站在枝頭,站在花蕊裏,向人們展示她迷人的歌喉,花香鳥語,相映成趣,繪就了壹幅絕妙的花鳥圖,醉了春風春雨也醉了護林的老農。

我正被這美麗的景色陶醉著,突然壹陣銀鈴般的笑聲打斷了我的沈迷,循聲望去原來是壹群少男少女在“桃花潭”周圍嬉鬧,說是“桃花潭”,其實是人工建造而成,經園藝師們悉心雕琢倒也別具壹格,很有觀賞的價值;那些少男少女們站在潭邊,手裏捧滿了繽紛的落花,臉上笑容可掬,她們把手中的落花向空中壹拋,散落的花瓣落向潭水,潭水便漾開了暈紅的漣漪,像披了壹件花袍,美艷無比……清澈的小溪,流淌著春天的夢幻,春風拂過,美麗的花瓣投入小溪的懷抱,在溪水的帶領下,帶著悠悠的思念流向少男少女的心間……

桃花在明媚的春光裏盡情綻放,王賜豪在春風和煦中雕落,在淡泊寧靜中走完絢麗的壹生。盡管花期短暫,也要盡情地向世人展示其最靚麗、最嬌媚的姿容,炫耀她美麗的壹面,也為春天增加壹點丹彩,為多情的春風獻上那耀眼的壹媚,更不辜負春風對桃花依依不舍的眷戀之情……

桃花啊,妳是春風濃抹的畫,妳是春雨滋潤的嬌,妳是陽光哺育的艷,妳是情醉西樓裏的念;妳是出生嬰兒的笑。妳開到哪裏心就醉到那裏。我深愛桃花。愛桃花的嫵媚,愛桃花的多情,更愛桃花對春風的戀!
posted by blue river at 16:10| 康泰旅行團 | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

記憶の中の老街で

昔は、久しぶりに嫁ぎ先を近くの川老街で、美國代購今日の夕方の時、私は一人独歩、またわざわざを見た条で、わが魂忘れがたいラオカイ。
目の前の古い街は、依然としてその条ラオカイだが、老街の風景はもう私の風景を発見、私は消えて私の恋しい思いの中で老街の姿に、いささか後悔して今日の決定は、来ないかも知れない、私は今日の損失と憂鬱になった。
記憶の中の老街で、それは私の感覚は古風で質樸で、また親切で、老街のように優しく心優しい古意女子、全身を放って無限の優雅な味わいと香りが弱々しい。
私ははっきり覚えていて、かつての老街は靑石プレートを作って、街路樹の小屋、木楼、間に寄り添いている間、1棟の建物によせて。あの曲がりくねった街、それが立ち並ぶ店舗、サビの门匾、もはやの壁面や、屋根の上に高騰のツメレンゲ、それらを組み合わせて、まるで1枚の江南水墨画、境地深い、味わい深い。
実は、あの条ラオカイ長400メートルが、しかしそれは私に殘るのは豊富、素敵な思い出。私の記憶の中の老街で、それに1首の美しい宋詞、静かに散る私の記憶の枕元に、それのように本の素樸な乡曲、軽く舞い上がる私の思い出の空。
小さい時、私はずっとお祖母さんの家で生活しているので、その赤いラオカイ私はなれた。以前、その条老街で、昼間はにぎやかで、夜は静かな。子供のときから、私は老街の起源についてはなかったことがあって、ただひそかに推測して、それは必ずきちんと老街に世の中の風雨の世の変転を目撃証言した多くの紅塵の変転浮瀋。成長した後に、毎回私を眺めて老街で、私も実感できる歴史の重厚感。
まだ覚えている、小さい時私の最も愛し見とれ、あのの老街で、老街から上の葱油巻、靴底餅、アズキパイ、綿菓子など魅力的な食べ物、総君を離れ、不忍食い意地が張っている。
まだ覚えている、古い街上のあの古い喫茶店、晴れても雨の日も、、ほとんど毎日満員。昼間、一般の三人、あるいは五六人、78人、車座機。茶客達が、少し、調南侃北、一人だけの花に35分、または2角、品作用香茶杯に乗っていっぱい、古い半日。その時、私は座るが、電商毎回茶屋の入り口に、総思わず何回深呼吸、淡い、お茶に沁みる心肺に、私は心が晴々として。
多くの時、茶屋でまたアーティストの語り物、講談限り、語り物者が口を開く、または講談を惊堂木人へ浮上撮影、刹那、ざわざわ茶屋すぐにしんとしていて、茶客達に聞いて、客たちは、みな目を大きくした、耳を立て、一心に見てから本番。私はたまにも駅茶屋で外につま先に立てて、窓枠に見て、知らず知らずに神。
まだ覚えている、老街での間に鍛冶屋で、そのてほおひげの男が丈夫で、四季を通じてのほとんどは光てて、顔を真っ赤にし、しきりに汗をかいて、彼は一日中に掲げて鉄槌、叮叮當現地を叩いて鉄器。あの燃え盛る火、飛ぶのは火星とスモークの壁は、今考えると、例えば昨日は依然としてはっきりして。
まだ覚えている、老街での間に綿を敷き、中年のカップル、二人を背負った巨大なパチンコ、それぞれ1枚手にもし手榴弾のような木ハンマー、一日中ひっきりなしに絃を弾いていたから、「綿、跳び、跳び、跳び、嘡――」の声、朝から晩までほとんどが止まらない。二人のウエアに、髪に、男でよくまみれ綿こぼれ話、時には私の感じは雪だるまのように。一度は、私は好奇心のために、敷居が入って、請求二人私弾数で満足して、私は木をはじく幾下絃、へへ、その感覚は本当にいいですね。
そしてラオカイ上の靴屋屋、裁縫屋、虎かまどなどもこれまで殘って忘れられない、それらは私の心の中で深く淺い印、まるで田舎かよわく回るの煙、かすかに、遠い、海面に忘れがたい。
以前、老街に隣の川、川の上に座石アーチ橋、橋のそばに十数本のシダレヤナギ、あの時、私と私の幼なじみたちはよくそこで猫をよけて、ハンカチ落とし、取り出して鳥の巢、追い合って、一緒に遊んで、その時の私達は和気藹々、楽とてても。
記憶の中で石アーチ橋は詩人徐誌摩の眼中の康橋のように美しくて、私が忘れない記憶に振る舞うの水草も忘れない水草が自由に往来が頻繁な魚。
今日、私は静かに歩いて、あのの老街で、私は感じてラオカイも熟知して、またよく知らないで、私の心の中は本当に五味雑陳、万感胸に迫る。老街の両側の家屋、店舗の多くは傾いて、老街も人に陥沒する、屋へ行って空、門前雀羅を張る、ふたたび昔。
かつての石段を靑い石板なかった姿の代わりに、黄砂、セメント。私は歩をゆるめて、食品を見て、私の良い望みは老街に会えて昔知り合い、探すのが昔の印は、康泰聞くのが昔の呼び売りの声。
老街のそばのあの小川もいつのまにか泥で満たされ、その座石アーチ橋は跡形もなく消えて、それだけはいつもの三本のシダレヤナギが風に揺れて、挨拶してくれて、私についての往事往事弱々しい訴えラオカイ。
posted by blue river at 16:38| nu skin 如新 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。