2014年10月14日

今天突如其來的一種感慨


很久沒有來敲擊文字了,不知為何,或許只為掩蓋內心的一抹憂傷?只是,平日的奔波與忙碌,幾乎讓我忘記了與心靈的對話。


時光真的荏苒了,不得不說,未來的人生其實我們都無法預知,我永遠想不到三年後我的樣子,亦如三年前,我不能想到自己今天的模樣—今天突如其來的一種感慨。


三年來。身邊經歷了各種形形色色的人和事,事情發生的當時,或許有這樣那樣的小波瀾,而後,才發現,竟如滄海一栗,過往雲煙。


一早讀到一微博,長大和成熟竟然那麼不一樣,微博上說:長大了和成熟是兩回事。喜歡長大了,討厭成熟。因為成熟裡面包含了克制,隱忍,虛偽……而長大了,是一件傷感的事,有些東西不是你的,就永遠不是你的。給你的,你拿著。不給你的,你不能搶不能偷,知道怎樣都得不到,那麼,得不到就得不到吧,隨他。而成熟,卻是千方百計去得到去實現…那藏匿的殘忍。讀到這,你喜歡什麼呢?我又問問我自己,我喜歡什麼呢?


那是年輕到成人的行禮!


有些小感慨。身邊的姐妹,一個個結婚生子,是我處在當下這個時期吧,所以對這些異常的敏感,只是想:一個女人的一生,除了20-30歲,我們在活自己,最重要澳門套票的一項任務就是選擇自己未來幾十年的人生,我們要找一個怎樣的男人,過怎樣的生活,等到結婚生了孩子,自己獨自的人生是不是依然所剩無幾?猛然想起一個女上司的一句話,一個45-50歲之間的女人的話,45-50歲這個年齡才是一個女人的事業期?當時還費解,可是我已漸漸的感覺到,只是,我還想著,等我到了那個年齡,我也許早就周遊世界,享樂人生,或者去實現自己更高的價值追求了呢?是不是到那個時候,一切條件允許的時候,我們還能亦如當年般,壯志淩雲,只是更加的閑然自得呢?


呀呀呀呀,突然感覺自己是不是老了,倘若真如微博說的那樣,我還是喜歡長大了,似乎這樣,更能安然若泰,心如止水,不用克制方能節制,不用隱忍方能通達,不用虛偽方能本我,更完滿吧!


來吧,人生,走吧,時光,去吧,幸福生活依然飄去一些祝福,只是更祝福自己和心愛的人,幸福HKUE 呃人美滿

posted by blue river at 17:00| 情感 | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

無謂風雨


寂靜的夜裡,皓月懸空,清輝一滴滴灑落在古舊的青石板山上,清風,鳴蟬。
喜歡一個人沐浴著月光的清冷,在鳴蟲夜色相伴之下,一步步前行。路的盡頭,古色古香的木樓靜靜佇立著,一如剛出浴的婀娜少女,散發著迷人的氣息。星星點點的月光,透過層疊的樹陰,鋪灑在青石板的路面,伴著清風鳴蟬,別有一番滋味在心頭Cellmax 科妍美肌再生中心
除了此刻,再難以探尋到如絲般寂靜的光影。很多時候,我們都低頭前行,匆匆。來不及細細品味上天賜予我們的風景盛筵,更不會去撫摸與暢想,那歲月斑駁過後淡月疏星的寂寞。歲月,如溪中流水,“逝者如斯夫,不舍晝夜。”任花開花落,依舊寵辱不驚,留下的,只是令人歎惋或是不忍回首。
習慣一個人前行。一個人的路,或許會乏味,或許會有些許的孤獨縈繞,但在清風鳴蟬、淡月疏星的相伴之下,這也別有一番風味。和著一絲憂傷的曲調,細細品茗這音樂的動人旋律。開心時,聞歌起舞;憂傷時,眺望遠方,靜靜暢想。在音樂的陪伴下,任何寂寞與孤獨,都將不再是腳步的羈絆。Cellmax 科妍美肌再生中心一個人的旅程,享受自然與歲月交織的美妙神韻。邁著堅定的步伐,昂首前行;一個人的旅程,和風沐雨,多少個暮色黃昏,多少次歡樂趣離別苦,都會在點點滴滴的往昔,留下難以磨滅的印記。
懷戀。
懷戀往昔,揮灑青春,激揚文字,指點江山的激昂歲月,但這決不是無法自拔的沉溺於悲傷過往。念舊,如我。一首老歌,一本舊書,甚至是一句毫不起眼的話語,亦或是一本殘缺的筆記,都可以勾起萬千思緒。泛黃的歲月,留給我數不清的快樂和遐想,也拋下了許多悲傷和過往,忘了帶走。過往,無論歡喜於憂愁,都將在內心鐫刻下深深的印記。
而我,一如既往,牽著明月的手,踏著皓月的清輝,哼著動人的旋律,在一個人的旅程路上,恣意前行,無謂風雨Cellmax 科妍美肌再生中心
posted by blue river at 15:50| Comment(0) | 情感 | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

平和な季節の平和な音


 わが家は冬の間、一台の石油ストーブにて暖房をまかなっている。それと併用するのは電気ごたつであり、共にリビングに設置している。その効果は絶大でリビングはとても暖かいHong Kong delivery flower

 他の部屋に関して言うと、エアコンがあるにはあるのだが、電気代の関係もあり暖房使用については妻の決裁がなかなか下りない。
 だから他の部屋、例えば二階にある僕の仕事部屋(と言うほど大袈裟なものではないが……)は、冬季の使用がほぼ不可能となる。なぜならとても寒いからだ。
 陽の当たらない曇り空の日なんて、手の震えでマウスが勝手にダブルクリック状態になるなど、進む仕事も進まない。
 そんな訳で僕は冬の間はリビングのダイニングテーブルを机代わりにしている。暖かいのは助かるのだが、これがまた色々な面で良し悪しがある。

 例えばテレビだ。リビングにはもちろんの事ながらテレビがある。そして部屋には妻もいる。
 息子を小学校に送り出し、かつ昼の家事を終えた妻はふと時間があくと「テレビ見ていい?」などと聞いてくる。もちろんそれで支障が出るほど繊細な仕事ではないしluxury wine tasting、ダメだと言うのも器の小さい気がするので、僕はいいよ、と答えている。

 妻はドラマの録画を見始める。僕はパソコンの画面を見続ける。
 だが、セリフだけで聞くドラマというのも結構これで性質が悪い。自分の頭の中で都合よくシーンを想像してしまうからだ。そしてストーリーは続いている。もちろんその頃には僕の手は完全に止まっている。さらに劇中意外な登場人物が現れる。え、それってどういう事? 結局気付けば妻の隣りでコタツに座り、ハッピーターン片手に画面に食い入ってしまう……
 ちょっと長くなったが、これがまあ悪しき一例である。

 そんな不毛な季節(?)が終りに近づき、最近ずいぶんと暖かい日が増えてきた。一月ちょい前に大雪が降ったなんて信じられないぐらいだ。わが家の石油ストーブもだいぶ活躍の場が減ってきた。
 同時にそれは仕事部屋が復活する事を意味していた。やはり使い慣れた机が一番なのだ。

 その日僕は朝食を終えると久しぶりに自分の部屋で仕事を始めた。窓から入る日差しは柔らかで、気分も良かった。途中で昼食を挟み、午後もまた二階で仕事を続けた。
 なんだか静かでいいなあ、なんて思っていたら、どこかの家から布団を叩く音が聞こえてきた。僕はこの音が好きだった。なんだかとても家庭的な響きだ。

 しばし仕事の手を止めてその音を聞いていた。
 春の陽をいっぱいに浴びた布団はきっとふんわりと膨らんでいるのだろう。平和な季節の平和な音。
 しかししばらくすると布団を叩く音が、なぜか少しずつリズミカルになった。最初は何かの曲のようだったが、最終的にそれは三三七拍子へと変わった。

 どこの誰か知らないけれど、ずいぶん剽軽な主婦だった。きっと同じように気分が良かったのだろう。三三七拍子がもう一度繰り返された。real estate agency hong kongでもその最後は確信犯的に三・三・六で終わった。続きを待ったが残りの一音はいつまで経っても叩かれなかった。え、それってどういう事? 気になった僕の手は、またしっかりと止まっているのであった。
posted by blue river at 10:44| Comment(0) | 情感 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。